【ショルダーフロート】前鋸筋(ぜんきょきん)にターゲット絞った鍛え方ボクサー筋なんて呼ばれる、前鋸筋(ぜんきょきん)にターゲット絞った鍛え方「ショルダーフロート」を実演・解説­。



ダンベルをひとつだけ使った、誰でもできるトレーニング。

脇の下あたりにある、前鋸筋(ぜんきょきん)。肩甲骨の裏側の方まで付いている。

手を前に出す時に使われる筋肉です。
バスケットボールやボクシング選手なんかには重要な筋肉。

ダンベルをひとつ用意し、仰向けに寝転びます。
両手でダンベルを持ちやすい様に持ちます。

そのまま、フラットな状態から、肩甲骨を浮かせて落とす。を繰り返します。

これを12回ほど繰り返します。それを3セット。

あまり重いダンベルを使うと、前鋸筋をうまく使えなくなりがちなので注意しましょう。

最初は意識しにくい筋肉ですが、続けていくと意識できる様になってきます。


<スポンサード リンク>


種目:ダンベルフロート
鍛えられる筋肉:前鋸筋
回数:12回×3セット(セット間休憩は60秒〜90秒)
頻度:2〜3日おき
※疲労度に応じて調節
 

<トレーニングに関しての注意事項>

・身体に痛みを感じたら中止するか、フォームの確認、見直しを行いましょう。
・トレーニング前と後に軽くストレッチを行い、怪我の予防とクールダウン・疲労回復に努めましょう。
・トレーニング中は、こまめに水分を補給しましょう。
・ダンベルなど重量のあるものを使うトレーニングでは、落としたり、ぶつけたりして怪我をしないよう最新の注意を払いましょう。
・自身の安全管理・健康管理のもと実践して下さい。






前鋸筋(ぜんきょきん)にターゲット絞った鍛え方「ショルダーフロート」を実演・解説­します。
肩甲骨を広げるようにして、肩を浮かしてダンベルを上下させることで、前鋸筋にターゲ­ットを絞ったトレーニングになります。
筋トレTV公式サイト : http://www.kintore.tv/

(YOUTUBEより)