お腹の脂肪を落とすにはどうしたら良いのか?お腹の脂肪を落とすにはどうしたら良いのか?という、ダイエットには重要な部分についての解説動画です。お腹の肉を落とすには、全体の脂肪を落とさないといけないんだとか。



まず、前提条件として、お腹だけ部分痩せすることはできないと考えることが必要。
体全体の体脂肪率を下げる事が必要になってくる。

体脂肪率を下げるためには、まずは、「食事内容」
何をどのぐらい食べるか、どんな栄養素を摂るか。

それから、「摂取カロリー」と「消費カロリー」では、「消費カロリー」の方が多くならないと、脂肪は溜まっていってしまいます。

最後に、代謝を上げる運動を行う事。
お腹の脂肪なので、どうしても腹筋トレーニングをやろうとする人が多いですが、体脂肪率を下げないと、腹筋が割れてくれないので、まずは代謝を上げる運動を行う。

この3本柱でやっていくことをオススメします。



<スポンサード リンク>


食事内容

食事内容で気をつけるべき事は、「お腹いっぱいまで食べない事」。満腹まで食べてしまうとどうしても脂肪になりやすくなってしまいます。

そして、「炭水化物の摂り過ぎ」(ご飯の食べ過ぎ)。ご飯ばかりを食べて、おかずはつまむ程度というような食事内容だと、炭水化物ばかりだとエネルギーが多くなってしまいます。
エネルギーが多いのに、消費カロリーが少ないと、どうしても体重が増えたり、お腹に脂肪がついたりしてしまいます。


摂取カロリーと消費カロリー

食べるだけ食べて、運動をしなければ、どんないい内容の物を食べていたとしても、消費カロリーの方が少なくなってしまうので、体重が増える、お腹にも身体全体にも肉がついてしまう。


代謝を上げる運動をする

腹筋を割りたいから、腹筋のトレーニングばかりをやるということに結びついてしまいがちですが、腹筋のトレーニングをして、腹筋に筋肉が付いたとしても、上から脂肪が乗ってしまっていたら、割れた腹筋は見えてきません。

まずは、「代謝を上げる」ということを頭に入れて、大きな筋肉である、「胸」「脚」「背中」を鍛えていく事で、効果的に代謝を上げる事ができます。
体脂肪率がある程度下がるまでは、「スクワット」「ベンチプレス」「ラットプルダウン」「懸垂」などで、大きな筋肉を鍛えながら、体脂肪率を下げていって、体脂肪率が下がって来たら、腹筋を鍛えてあげると、お腹の脂肪も無くなって来て、腹筋もキレイに見えて来るようになります。







前提条件として、部分痩せは出来ないという事を設けた上で論じていきます。部分痩せが­出来ないという事は、お腹の脂肪を落とすには全身の脂肪を落とさなければならないとい­う事になります。

ポイントは3つです。
①食事内容
②摂取カロリー・消費カロリー
③代謝アップの筋トレ

もっと詳しく聞きたい人は下記から相談して下さい!

この動画のブログ記事はこちら。http://attrip.jp/160383/

ホームページで相談:http://osaka-lifechange.com

(YouTubeより)