自重で胸のトレーニング。自宅で簡単、大きな胸の筋肉を手に入れろ!バストアップにも効果的♪ウエイトを使わないで、自重で胸を鍛える。アイソメトリックスを利用した大胸筋のトレーニングメニュー5種。



前傾姿勢になって、足のひざの横ぐらいの位置に手を当てて、手は内側に力を入れて、脚は外側に開こうとして、お互いに力を入れ合います。これをまた、10秒間3セット。

次に、両手を手首の位置でクロスさせて、グッと胸に力を入れます。その状態をキープして10秒間3セット。

ここまでが静的な、動かさない、アイソメトリックスのトレーニングになりますが、次からは動きのあるトレーニング。


<スポンサード リンク>


また肩の高さで手を前に持っていき、片方の手をパー、片方の手をグーにして、その状態からグーっと押せる限界まで押していきます。この時も、相互で押し合いながら、抵抗を掛けつつも押していく。

10秒かけて、行けるところまで行って、10秒かけて、反対に戻していく。

ウエイト無しでも胸の筋肉を鍛えられて、筋力が強くなればなるほど、抵抗がかけられて、筋力がアップすればするほど、強い負荷をかけられるようになります。ウエイト無しでも、効率よくトレーニングが出来るようになります。

次は、2つ目にやった、脚も使ったトレーニング同様に、脚と手で抵抗を掛け合いながら、脚を閉じたり、開いたりを行います。これをまた、10秒間3セット。


地味なトレーニングになるが、ウエイトを使わなくても効果的に胸の筋肉を肥大化させることができます。 






自重トレーニングで胸の筋肉を鍛える方法をお伝えします。
これができるようになれば、ウェイトなしでも大きな大胸筋を鍛えることができますので­、一般的な胸のトレーニングであまり、胸の筋肉の発達が見られない方は、このアイソメトリクスの運動を取り入れみると、大きな効果が現れてきます。
一度、参考にこの大胸筋のトレーニングを試してみください。バストアップにも効果的で­す♪

(YOUTUBEより)