【肉体】正しいデッドリフト講座【改造】正しいデッドリフト講座。初心者むけに丁寧にデッドリフトを­解説。



地面から重い物を持ち上げるほど楽しい事は無い
残念ながら多くの人が間違ったやり方をしている

より重い重量に挑戦できるようにデッドリフトのフォームを細かく解説


<スポンサード リンク>


大きいプルをするのに最も大切なのはセットアップ
確認はベースから上部の順で行うのでまず足下に注意。

バーが足の中央の上にある。バーはベースのど真ん中に位置する事になるのだが、この点はておても重要

足のポジションを確認したらバーを握る。手はお尻よりも若干外側に
バーを握った時に手が膝とぶつからない様に。

バーを握ったあと、胸を上方に正す

この時、肩はバーより前面に位置しているようにする
背中は引き締まっているように


プルの注意点は2つあって、
1つ目は、上体のアングル、2つ目はバーと足の距離

単純にバーと足の距離は最短にしておきたい
これを実現させるために、まず上体の角度を維持して上昇し、
バーが膝まで来たら胸を上げて、上体を垂直に持って行く
もう一度、膝まで斜度を維持し、そして垂直に

バーがベース内から出ないようにすることは、より重い重量をあげるのに繋がるので大切。


さらに、もう1つ足りない要素がある。
基本的には脊椎を守りながら、腰部で生み出される力をバーに応用しなければならない。
上体が緩んでしまうとそれができなくなってしまう。

肺いっぱいに空気を吸い込み、脊髄を固定させてバーに力を応用する

一般的にバルサルバ効果と言われているが、テンションが重いプルでは重要。


関連動画
>> デッドリフト「広背筋に効かせるフォーム」についての解説と実演






AgainFaster.comさんが公開しているデッドリフトのチュートリアル動画­に字幕を当てたもの。初心者向けで、丁寧にデッドリフトのセットアップからプルまでを­解説してる。不満点はヒップヒンジとウェイトの降ろし方について言及していない所。別­の動画でこれらが良い感じに補足されてるので、そちらもセットで見て頂きたい (http://youtu.be/Z_-xIvf0iOg)。

デッドリフトはスクワット同様、多くの部位が一度にがっつり鍛えられる万能種目だが、­下手すると病院送りになるので敬遠されがちであり、とても残念。正しいやり方を覚えれ­ば、簡単なので是非トライして頂きたい。動画で説明されてるのはノーマルスタンスのデ­ッドリフトだが、他にもワイドスタンスのスモウデッドリフトや大腿二頭筋を鍛えるのに­使うスティッフレグデッドリフトやローマニアンデッドリフト等のバリエーションがある­。似てるのは名前だけと言っても過言ではないので、他のバリエーションに挑戦する場合­、ちゃんとそれらのバリエーションについて勉強されたし。

この動画を見る方に不必要だと思い、勝手ながら「プル」や「テンション」等のリフティ­ング用語は訳さないでそのままにした。

字幕は外国人が用意したものなので悪しからず( ・´ー・`)

タコライス研究日誌より

(YOUTUBEより)