スタビライゼーション - ハンド・ニー  90アンクル ダイアゴナルスタビライゼーション - ハンド・ニー 90アンクル ダイアゴナルの解説動画です。スタビライゼーションは日本で研究開発され世界に発信しているトレーニングメソッドです。



手と膝を肩幅くらいに開いて、手を床につきます。
頭・肩・腰が一直線になるようにします。
背中が丸まったり、反ったりしないようにしましょう。

<スポンサード リンク>


3秒かけて手のひらを内側に向け、
対角線の手と足を挙げていきます。
指先から頭、肩、腰、膝、踵が一直線になるようにしましょう。
足首は90度にします。

あごが上がってしまったり、手が下がってしまったり、つま先が伸びてしまったりしないようにしましょう。

手と足を挙げて、バランスをとっているだけの動作では、スタビライゼーションにはなっていません。

スタビライゼーションは、指先・頭・肩・腰・踵のアライメントを
一直線にする事をしっかり意識しながら行う事が重要
です。


正しい姿勢で3秒間キープします。

その後、3秒かけてスタートポジションに戻します。

同様に左右交互に行いましょう。







体幹トレーニングやコアトレーニングの火付け役となった
「 スタビライゼーション 」は、
日本で研究開発され世界に発信しているトレーニングメソッドです。

(YouTubeより)